生命保険比較サイトを利用して、自分のニーズにあった保険加入をしよう!

生命保険比較サイトを利用しよう! TOP

生命保険比較サイトを利用しよう! TOP

従来の保険販売は、知り合いや職場に出入りしている外交員を通して保険を選ぶという形が主流でした。その後、金融自由化により保険会社の競争が活性化することで、各社共に強みや特色がはっきりとした商品が生まれてきました。それに伴い、各社の商品を十分に理解した保険代理店が多くなり中立な立場から、消費者に対して保険を販売することが一般化しています。

ネットが普及する中で、消費者は数多くの保険商品の中から比較して、自分のニーズに合った保険を選ぶことが当然となっています。今では、ショッピングモールなど街のあちらこちらで「保険ショップ」を見かけてるようになりました。これはいわば保険の相談型店舗であり全国で数百もの店舗を運営する会社もあります。

そして生命保険比較サイトも数多く利用されています。より多くの商品からユーザーにとって必要な情報を随時提供する、保険シュミレーションを行う、保険料金・商品内容を比較するなど、多くの選択肢の中から適切な保険を選ぶことが可能になっています。しかし、保険商品は専門知識も多く、現在自分が入っている保険内容を把握して新しい保険に乗り換えることは簡単ではありません。

その為、多くの生命保険比較サイトでは、ライフコンサルタントによる無料相談サービスを提供しており、一部の代理店サイトでは契約までできるなどサービスの幅も広がっています。
このサイトでは、生命保険を多くの保険会社の中で比較して、より良い保険を選択するためのサポートとなるサイトを10サイト紹介しています。少しでも多くの方が、自分のライフスタイルにマッチした生命保険に出会えますように有効活用していただけますと幸いです。


保険比較サイトの使い方

保険に加入する前に、便利なのが生命保険比較サイト。自分で一社一社に資料請求を行ったり、各社のサイトを比較検討することは大変な時間と労力を必要としますが保険比較サイトを利用すると、瞬時に比較を行うことが出来るサイトもあります。
自分が探している保険種類の中で、どれが一番お得でサービス内容も充実しているかを判断することもできます。しかし、ライフステージや個人の様々な状況により、必要とする保険が異なります。

多くのサイトで無料相談や店舗相談を設置して、一人一人に合った保険内容をコンサルティングしているのはそのためです。生命保険比較サイトは、あくまでも判断材料の一つとして参考にし、契約の際には生命保険を熟知した保険コンサルタントに相談することが大切です。


保険の見直しを検討する前に

保険に関する情報がインターネットで容易に手に入り、自宅のPCにてじっくりと商品を検討できる時代ですが現在加入している全ての保険を安易に解約する前に、慎重に検討しましょう。特に中途減額、追加契約ではなく新規加入する際には新しく健康状態の告知や医師の診察が必要になるケースもありますし、貯蓄商品は解約することで損失を被る可能性もあります。

1.簡単に解約しない!
貯蓄タイプの保険は、加入時の予定利率が適用・保証されるため、予定利率が高かった頃に加入している保険は大変お得な保険になります。
1994年以前に加入した商品は、利率が4.75~6%前後という高いものが多く、現在の貯蓄保険では考えられない利率となっています。
このような保険を安易に解約、転換することはお薦めできません。

2.健康状態によって再加入できないケースも
保険は一度解約しても、再加入することが可能です。しかし、再加入する際には健康状態の告知が新たに必要となり、現在や過去の疾病や健康状態によっては再加入できないケースもあります。その為、新しい保険への見直しを検討している際には、新しい保険契約の成立後に現在の保険契約を解約することが大変重要となります。

3.グループ保険について
現在では、グループ保険を実施している企業は減ってきています。しかし、団体定期保険とも呼ばれるグループ保険は会社などの組織が契約する保険として保険料金が格安であるのが最大のメリットです。告知だけで簡単に加入できる上に、配当金が戻ってくるなどメリットも多い保険となっています。
しかし、グループ保険の最大のデメリットは、その団体組織に在籍しておかなければ継続ができないという点です。
現在は転職、起業など職場を臨機応変に変えていく人も多く、また会社の合併や倒産など永続的な保険の継続も難しくなっています。
そのため、グループ保険をメインの保険と考えるよりも、オプションとして検討することが一般的です。年齢・加入期間などの条件を問わず、一律料金であることも多く、一概に安いとは言えないため加入にあたっては比較検討が必要です。